特上のカルビに美味い脂はたくさん含まれています

ジューシーさで人気のカルビ、特上のカルビに美味い脂はたくさん含まれています。ある程度火を通したら、ギュギュっと厚みを感じて楽しんでください。少し中火で外側をまずカリッと焼いてください。次に肉をひっくり返し、火の通りを均一になるように焼きましょう。表面7、裏面3の焼き具合が最高です。最後に火から少し離して脂を落とすとよいでしょう。

焼肉店はたいがいが炭火で網焼きですよね。炭火はホルモンや厚みのある肉に適しています。ガスは直で火で焼くのではなく、熱した鉄板を介して肉を焼きます。ですから赤身など全体を均一に焼いた方がいい肉に適します。霜降りなど高級肉をさっと焼いてレアで食べるときに、鉄板が良いでしょう。

焼肉は大体出来立てで食べるものですよね。でもそれが全ての肉の部位で言えるかというとそうではありません。塊肉や厚めの肉・・・例えば牛タン厚切りなどを楽しむ場合は、なんと焼き上がりすぐではなく、皿の上で「休ませる」のです。そうすることで美味しさが数レベルアップします。なぜかというとその方が旨味一杯の肉汁が肉の繊維の中にいきわたるからです。すぐに食べると肉汁は逃げてしまいます。肉を休ませる…この行為こそ、肉を美味しく食べる秘訣と言えます。
a5,ランク,焼肉