タウリンをたくさんとれる食事


心臓疾患に有効だと言われているタウリンというのは身体の中で合成することができる、アミノ酸の一種です。体内では骨髄や脾臓、筋肉や心臓などにおおく含まれているといわれています。
胎内で合成させるだけでなく、食品にもタウリンはよく含まれています。一番多く含まれているのは魚介類で、いかやたこ、ホタテや牡蠣、サザエ、アサリなどからマグロの血合いの部分やサバの血合いの部分にも含まれているようです。するめにも含まれているそうです。魚介類が一番多く含まれていますが、豚肉や牛肉などの肉類にも一応含まれてはいるそうです。しかし魚介類に比べると微々たるもののようです。
たまごや牛乳にも含まれているようですよ。野菜には含まれていないようです。
やはり魚介類によく含まれているのでタウリンを意識する食事を摂るとしたら和食がよいのでしょうね。和食でなくてもホタテを使ったパスタだったり、たこ焼きだったり、いろいろ取得できそうですね。
日本人は海に囲まれた地域なので海の幸を食事として取り入れたことがが長寿大国と呼ばれる所以なんですね。

最近では、タウリンサプリで手軽に摂取する人も増えてます。