ガソリン自動車の誕生

クルマというのは、思ったよりも昔に作られたということをご存知でしょうか?その原型となるものは、今から250年ほど昔にフランスで開発されました。

もちろん、その頃の動力となるのは、今のようにガソリンではありませんでした。ガソリン自動車が誕生したのは、今からわずか100年ほど昔のことです。その当時すでに蒸気自動車とそして電気自動車も走っていました。ガソリン車よりも電気を使用した車のほうが先に開発されていたということを知らない人も多いことでしょう。ガソリン車の元祖はドイツのダイムラーが作った4ストロークエンジンになります。最初木製の二輪車に、このエンジンを載せて走ることに成功し、そのすぐ後に四輪車も開発しています。そして時を同じくして、ドイツ人のベンツがガソリン車の三輪車を開発させることに成功し販売することにこぎつけました。このようにガソリン車の元祖はドイツのダイムラーとベンツといえます。車買取 旭川